センボウにっき

カタチにしていくカテイ

「GINZA SIX」の動画が好きな理由


GINZA SIXスペシャルムービー「メインストリート」篇

 

GINZA SIXのスペシャルムービーが好きである。この気持ちをうまくまとめたくて書く。

 

一言で言うと、「銀座をGINZAへ再定義したよ!!来てね!!」というメッセージが、動画でこれほどかというくらいに分かるからである。おまけに行きたくもなる。あと普通に椎名林檎が好き。いつもネガティブというかちょっとマイナス極に重きのある林檎の楽曲が、何かからの解放と言わんばかりに明るい。『都合のいい体』とか『女の子は誰でも』とかを思い出しましたぞ。ああいう感じの壮大なの好きです。

 

冒頭、PR動画とは思えない深刻なBGMと共に椎名林檎が歌いだす。

「我々はどこから来てどこにいくのか?その価値は死んでから~」という大昔からある問い掛けから始まる。どうなんだろこれと思うやいなや降臨!の如く林檎が地面に降り立つと、同時に曲調が一変。俺の登場だ!と言わんばかりにソウルフルな男性の歌声が響きだす。トータス松本である。スポットライトを浴びながら、階段を下りてくる。まさに王道の主人公の登場。存在感がすごすぎる。

林檎が空から降りてきたのに対して、トータス松本は裏路地から出てメインストーリーに向かっていく。

 

ここから終盤までは風船の物語になっていく。

 

銀風船が銀座のあちらこちらで上っていく。浮かれてる街を表現しているのか分からないが、銀座の街も浮かれているどこかで見たことあるダンサーやご老人が(あ、あと斎藤ネコもいた)夜の銀座で踊りまくる。踊るといっても江戸のええじゃないか的な、だんじり祭り的な踊りではなく、あくまで舞い上がるホコリを低めに抑えようという上品な踊りである。

 

そして風船がはじけ、終盤になる。

 

「つらい仕事に~♪」のところで風船がはじけ、その代わりに初めの方からちょくちょく出ていた(というよりもストーリーのメイン)男女が手を取り合って宙へと浮かんでいく。今度はあの人たちが浮かれる番なんですね。GINZA SIXの字面も変わりそうですね。ピアノ線見えないかな~とか内心で思いながら見てしまう。

音楽用語を知らないことを今本当に悔やんでいるのだが、「つらい仕事に~♪」の調子が変わっていくやつは、「転調」といっていいのか?それとも「あ、それCメロ」です。とかそういうやつなのか?もっと勉強すればよかった。

 

とにかくその転調だかCメロを皮切りに落ち着いていく銀座。目抜き通りを、たくさんのダンサーが体をY字にしながら闊歩していく。そのまま家に帰るんですかね。

ちなみにぼくはこの部分がとても好き。本当に銀座の街全体がGINZAという舞台になっているように感じられる。

 

そのまま最後、2人のアーティストが合流。再びスポットライトがあたる。

そして、「目抜き通りへ~!」で2人のアップ!カッコいい~!!!

 

椎名林檎今回も絶賛の百面相っぷりですがぼくは『メロウ』のPVっぽいな~と思いました。ちょっと大塚愛に寄せた感じの。メイクとかでここまで変わるんだから女性ってすごいな~。うちの母親ですら「化け狐」のあだ名をつけられてたらしいからな~。女性ってすごいな~。

 

この1:30の中で、GINZAは舞台だった。

年齢から肌の色まで超えた人々が空中へ向かう風船の如く浮かれ踊り、最後は一丸となって目抜き通りで踊り、そのまま帰宅。GINZAはありがちだが非日常的な空間であり、「もっと迷いたいもっと色めきたい」人たちが行く空間なのである。

 

わたしたちは何のために生まれてきたかもわかんないし、どこからどこへ行くかはわからないのよね。でもさ、その価値って死ぬときに分かるじゃん?だからどうせなら、私はもっとはっちゃけたいのよ!迷いたいし色めきたいのよ!

 

という舞台としてのGINZAなのである。という舞台としてGINZA SIXがあるんです。

 

銀座ってマダムとかそこらへんの世代が行くんでしょ。おばあちゃんが見栄を張るためにこれ見よがしにやれ高島屋三越伊勢丹だって言って向かう場所。あ、あと政治家が秘密の話してそう。

 

そんな銀座が変わるんです。何をどこから変えるって?GINZA SIXから変わるんです。

ほんの命という一瞬が輝ける場所なんです。

 

っていうことが1:30で分かる。そんなストーリーが分かる。

「高級そうな場所」というイメージが、「高級そうな場所で何でこんなにはっちゃけるのか?」の答えに1:30でチェンジしていける。

 

というわけでぼくはGINZA SIXのムービーが好きなわけでございます。

もっと迷いたいもっと観ていたい。と思う今日この頃(じゃあ見てろよ)

 

あとはお金があればな~現地で楽しめると思うんだけどな~

そもそもこのムービーの対象ぼくじゃないからいいんですけどね~