センボウにっき

カタチにしていくカテイ

ぼくが伊藤計劃に惚れた理由

 

伊藤計劃記録 ? (ハヤカワ文庫JA)

伊藤計劃記録 ? (ハヤカワ文庫JA)

 

 

メタルギアを知って、伊藤計劃を知って、伊藤計劃に惚れぼくは伊藤計劃にゾッコンである。

 

伊藤計劃はある種、ぼくと同じくくりにするのも忍びないが、夢想家である。

病床で受容し続けた作品群から構築された理論なり思想なりを垂れ流すことで、彼は自分がそこにいることを自覚し続けたように感じる。

根底にあるのは「自分がテクノロジーによって生かされている」という認識と、そこからくる「自身の異物感」

 

前者は違うとして、ぼくは全く別の経路をたどって「自身の異物感」を感じている。

恐らくそこから伊藤計劃に惚れこんだのだろう。

他の自分語りとは違うのは、徹底的な自己認識の否定と排除から来るという、一見矛盾しているような構図からなのだろうと感じる。

 

虐殺器官』で、人間の脳という器官が、思考という器官が、コトバによって変わっていくサマが描かれた。それは自身の「決断」だとか「意識」だとかそんなものが、大河の中の石ころとして描かれるサマだった。そして逆説的に、自分自身の意思とか自意識とかいうものを、過剰なまでに感じて執着することに終着した。

人によっては、というか社会にとっては、自分のやりたいことが自分の世界を創るという考えた方が尊重される。競争社会だからだ。無論、実態はどうであっても。

 

この理想と実態との乖離に対する妥協点を提示しているとして、伊藤計劃への羨望は尽きない。夢想家だから、戦場で人を殺すことに、自分自身が殺戮マシーンとなって殺していくことに、どこか無頓着な文体が展開される。

 

『ハーモニー』でも、ハレルヤと共に、ミァハは受け入れた。それが至高の状態だから。でも現実の私の感情は、忌避すべき私の感情は、旧来の友人であり心の支えであり復讐の対象であるヒロインのあなただけには、訪れてほしくない。至高の状態を求めたあなたに、理想郷を実現させたくはない。これが矛盾するようで一貫した現実と理想の妥協点なのだ。

 

まあ要は、もっと深くまで言うと、社会からの逸脱だとか不適合だとかそんなことに、ある種幼稚なレトリックをもって、自惚れているのある。それがいいのである。その認識に共感した瞬間に、伊藤計劃という標語はぼくの疎開先になる。

 

以上のことから、ぼくは伊藤計劃にゾッコンなのである。

 

もっともっと自惚れていたい。夢想していたい。

でもそのために必要なのは、自分を排除する現実がないといけない。陳腐な表現だが、日陰であるためには日光がなくてはならない。華やかなアイドルであるためには、キモいロリコンで欲望をぶつけてくるヲタク共を受け入れなくてはならない。

グズグズくすぶる日常のための現実を欲するのである。

 

よく分かんない文章になったが、なかなか酔っ払いの文章である。